So-net無料ブログ作成
その他::趣味::本 ブログトップ
前の5件 | -

(書籍)「ドラゴンクエストXを支える技術」(技術評論社) [その他::趣味::本]

久しぶりですが、たまに出てくる趣味の本の紹介の記事です。[あせあせ(飛び散る汗)]
自己満足感しかない記事ですが、今回もお付き合いいただければ幸いです...
---------------------------------------

1年ちょい前に発刊されて、Amazonで事前予約で買い、その後、日本へ一時帰国した時に手に入れて読んでいた(いちおう)技術的な読み物があります。[わーい(嬉しい顔)]
技術評論社から出ている「ドラゴンクエストXを支える技術 大規模オンラインRPGの舞台裏」です。[ぴかぴか(新しい)]
20191109_162444.jpg


ドラクエXはドラクエシリーズでは初めてのオンラインRPGです。
私ももちろん開始当初から遊んでました。[るんるん]
ドラクエXは今でもメインのストーリーが新しいものが出ていて、最新はVer.5となっています。
ちなみに、それぞれのバージョンの内容は次のようなものとなります。
・Ver.1 : (人間を除いた)5種族の世界での冒険(オンラインになった途端に人間の世界が隔離されるため)
・Ver.2 : 人間の世界での冒険(偽と真の世界があり、魔界の大魔王と対決)
・Ver.3 : (忘れ去られた種族の)龍族の世界での冒険(龍族の解放)
・Ver.4 : 時空を移動した冒険(5000年前の過去から1000年先の未来まで、主人公の生い立ちも判明、これまで伏線の回収も含む)
・Ver.5 : 魔界での冒険 (Ver.2 で大魔王を倒しているため、魔界は次の大魔王争い中...)

ドラクエシリーズはどれも人気があり、ドラクエXも今でも人気があり、同時に数万~数十万の方々がオンラインで遊んでいる状況になります。[ひらめき]
(他の人気のオンラインRPGなどでも、それぐらいまたはそれ以上の規模のものはありますね。)

それぐらいの規模になると、いくらゲームとは言え、全体システムとしていろいろなことを考えないといけないですし、技術的にもいろいろなことに対応が必要になります。
そのようなことについて、ドラクエXではどのように対応してきたかが書かれているのがこの本ですね[exclamation]

もちろん、ゴリゴリの技術的な専門的内容だと読者は限られますが[あせあせ(飛び散る汗)]、この本はそこまで詳細ではなく、技術者でなくてもわかるように読み物的に書かれています。[グッド(上向き矢印)]
ドラクエシリーズとドラクエXの紹介から始まって、開発と運営の体制、技術的な内容(ここが一番多いですが[ダッシュ(走り出すさま)])、Webとスマホアプリの連携、運営と運用(不正対策含む)と、全体を網羅しています。

個人的には、技術的な部分はだいたいわかってはいましたが、細かなところでドラクエXとしてどのような方針でどのような技術を採用したかというのがわかって、面白かったですね。[わーい(嬉しい顔)]
あと、運営や運用での考え方なども、とてもわかりやすかったです。
ドラクエX特有の部分もありましたが、全体的にはいわゆるWeb系の話にも通じる部分があるので、個人的には仕事で関わったことのある内容にも近い部分があって、親近感が湧きました[exclamation]
たかがゲーム、されどゲーム、内容はゲームであっても、技術的にはWeb系などのシステムにも関連する部分はあるので、それがわかるとオンラインゲームの見方も変わるかも(?)しれませんね。


nice!(2)  コメント(0) 

Software Designの読者投稿欄への採用 [その他::趣味::本]

ソフトウェアに関する雑誌の「Software Design」を定期購読し、電子版をスマホで毎月読んでいます。
(趣味と実益、というか、仕事の技術的な面も兼ねてます。[手(チョキ)])

2019年のお盆の一時帰国で日本の自宅に到着したとき、1,000円分のQuoカードが届いていました。[わーい(嬉しい顔)]
20190810_195245.jpg

前回の6月の一時帰国の後に発売された7月号の読者投稿に採用されていたからですね。
なので、実際に現物を確認できたのが、しばらく空いてからでしたが。[あせあせ(飛び散る汗)]
この雑誌だけは、クジや抽選に弱い私でも、よく当たりますね。[グッド(上向き矢印)]
この雑誌の読者アンケートや読者投稿はネットからできるので、ついついしようと思ってしまいます。

ちなみに、今回いただいたQuoカードも家族にあげました。
(韓国では使えないですし。[ダッシュ(走り出すさま)])
nice!(3)  コメント(0) 

[SF小説] 機動戦士ガンダム NT (ナラティブ) [その他::趣味::本]

たまに出てくる趣味の本の紹介の記事です。[ダッシュ(走り出すさま)]
かなり自己満足なだけの感じですが、今回もお付き合いいただければ幸いです...
---------------------------------------

今回の小説は、久々にガンダムの小説です[exclamation]
去年(2018年)の秋、先に映画で公開されて小説になった「機動戦士ガンダム NT (ナラティブ)」です。[ぴかぴか(新しい)]
20190309_104014.jpg

映画が先でのガンダムシリーズの新作という意味では、1991年に公開された「機動戦士ガンダムF91」以来という言い方をしていますが...[あせあせ(飛び散る汗)]
個人的には、ユニコーンの外伝的な位置づけが一番しっくりくるなと感じてます。

この作品は、ガンダムユニコーンでの「ラプラス事変」が終結した1年後の宇宙世紀0097年が舞台です。[るんるん]
消息不明となっていた金色のユニコーンガンダム3号機のフェネクスについて、地球連邦軍とネオ・ジオン残党軍「袖付き」(のさらに一部)がそれをめぐって激突する、という形です。
元々は、お台場にあるガンダムフロント東京のDOME-Gで上映されたフェネクスの短編映像をきちんと物語に仕上げたものですね。[ひらめき]

主人公を含めた2人が、子供のころ、1年戦争勃発時にオーストラリアのシドニーへのコロニー落としを予見し、「奇跡の子供たち」と呼ばれることで運命が大きく変わりだします。
実はその予見にはもう一人いて、その子供が大きくなってフェネクスに搭乗しますが、その後、消息不明になり、捜索するというところから始まります。

主人公が乗るモビルスーツとしてはナラティブガンダムがあり、これもユニコーンガンダムの親戚のような感じになってます。
あと、袖付き側は、ユニコーンガンダム0号機とも言うシナンジュ・スタインも出てきます。ラプラスの争乱では袖付きがシナンジュに改装して、ネオ・ジオングとも接続する形態がありましたが、ナラティブでもそれはありました。[わーい(嬉しい顔)]
他にも、以前のシリーズを知っている人には、ニヤリとしそうなものも少し出てきますね。

ガンダムユニコーンでの登場人物も、物語の中心ではないですが少し出てきます。[グッド(上向き矢印)]
(袖付きは出てきますが、一部が暴走した感じなのでミネバ・ラオ・ザビが中心となったものではないですね。)
今回の作品は、名前に「NT」とついているようにニュータイプが全面に出てきてます。
逆襲のシャアやユニコーンのときのようなサイコ・フレームによるサイコ・フィールドが大きな力を発揮します。[ぴかぴか(新しい)]

最初のほうにも書きましたが、個人的にはガンダムユニコーンの外伝的なものかなと感じています。
でも、ファーストガンダムからの一連の物語の(おそらく)最後の物語でしょうね。
閃光のハサウェイも最後と言えるかもしれませんが、ジオン系は出てこないので...



nice!(3)  コメント(0) 

Software Designの懸賞(書籍)の当選と読者投稿欄への採用 [その他::趣味::本]

ソフトウェアに関する雑誌の「Software Design」を定期購読し、電子版をスマホで毎月読んでいます。
(趣味と実益、というか、仕事の技術的な面も兼ねてますね。[手(チョキ)])

なんと、2019年2月号(2019年1月18日発売)で、久しぶりに書籍が当選していました。[ぴかぴか(新しい)]
(3年以上ぶりですね。)
DSC_0465.JPG

「データサイエンティスト 育成読本 ビジネス活用編」ですね。
情報工学(Computer Science)の分野では、数年前からビッグデータに関連したデータサイエンスという言葉が出ていて、それの専門家を育てる内容の本ですね。
この本の場合、その技術を実際にどのように現実の問題や課題に使っていくのか、みたいな内容だと思ってます。[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、書籍が当たるというのはうれしいです[exclamation]

2019年4月号(2019年3月18日発売)の読者投稿欄を見たとき、私の投稿が採用されてました。
今回の2019年春の一時帰国前にちょうど読んでいたので日本の自宅に到着したとき、1,000円分のQuoカードが届いていました。[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0466.JPG

いつもながらありがたいですね[exclamation]
今回いただいたQuoカードも家族にあげました。
(韓国では使えないですから。)

nice!(3)  コメント(0) 

Software Designの読者投稿欄への採用 [その他::趣味::本]

ソフトウェアに関する雑誌の「Software Design」を定期購読し、電子版をスマホで毎月読んでいます。
(趣味と実益、というか、仕事の技術的な面も兼ねてますね。[手(チョキ)])

2018年末の一時帰国で日本の自宅に到着したとき、1,000円分のQuoカードが届いていました[exclamation×2]
DSC_0461.JPG

最近の号の読者投稿欄で投稿が採用されてた記憶がなかったのですが、一時帰国する10日ほど前に発売された2019年1月号(2018年12月18日発売)に採用されてました。
そうです、まだそこまで私自身が読み切っていなかったから、わからなかったのですね。[ダッシュ(走り出すさま)]
日本に住んでいたら、もしかすると投稿の採用はQuoカードが来てから知るほうが早いのかもしれませんね。
でも、ありがたいですね。[グッド(上向き矢印)]

ちなみに、今回いただいたQuoカードも家族にあげました。
(韓国では使えないですから。)

nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | - その他::趣味::本 ブログトップ